crazynakaが気になる情報を発信します

サボることだけを徹底的に極めてしまった!究極の放置ビジネスメルマガ

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

3mmの降水量はどれ位ぬれる?自転車には乗れる?雨量と屋外活動への影響を解説!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
crazynaka です。 電機メーカーに勤務しているサラリーマンです。 人付き合いが不得意ながら営業職として働いています。 食べ歩きが趣味で、出張に行ってはそこで美味しいモノを食べるのが楽しみです。 運動もせず食べ歩きしていたため激太りしてしまい、そのあと体重を絞るのに苦労しました。 昔はアウトドア派でしたが、完全にインドア人間になっており、ネットサーフィンが趣味になって来ました。 ネットで見つけた情報を発信して行きます。
詳しいプロフィールはこちら

出掛ける日に雨の予報だと出掛けるのが億劫ですよね。

車を持っていない自分は、駅まで自転車なのでなおさらです。

駅まで行くのにずぶ濡れになってしまいますから。

 

駅に行くだけでずぶ濡れなら、出かけた先でどうなるかも思いやられます。

 

「釣りやキャンプ、遊園地では楽しめるの?」

「サッカーや野球の観戦は問題ない?」

「傘持参で何とかなる?イベント中止になる判断基準は何?」

 

せっかくの週末や祝日を台無しにするかどうかは雨次第!

どうせ出掛けたならば目いっぱい楽しみたいですよね。

 

実際のところ、3mmの降水量とはどの程度の雨でどれくらいぬれるのか?

そして屋外でのイベントやレジャーは楽しめるのか心配ですよね。

 

この記事では、3mmの降水量がどれほどのものかを詳しく解説します。

 

釣りやキャンプ、ハイキング、サッカー観戦などの屋外活動やレジャーに行くべきか?

傘が必要か、雪が積もるかなど、さまざまな角度から見て行きたいと思います。

 

ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

 

3mmの降水量とはどの程度?

3mmの降水量とはどの程度?

3mmの降水量の意味

 

降水量は、1時間に降る雨の量をミリメートル単位で表し、「雨水がどれほどの深さになるか」を示すものです。

具体的には、3mmの降水量とは、1時間に降り続けた雨が容器に溜まって3mmの高さになることを意味します。

たとえば、雨が降り始めた時に外にコップやバケツを置き、1時間後にその水の高さを測ると、3mmになっていればそれが3mmの降水量です。

気象庁では1mm未満の降水量は計算から除外されるため、正確には「1時間に3.0mmから3.9mmの雨量」となります。

降水量

 

降水量、降雨量、降雪量の違いとは?

 

「降水量」「降雨量」「降雪量」という言葉をよく聞きますが、それぞれは以下のように異なります。

  • 降水量:雨、雪、霰(あられ)、雹(ひょう)など、すべての水分の形態を合わせた総量です。
  • 降雨量:雨だけを指す量です。
  • 降雪量:雪のみを表す量です。

 

降水量と降水確率の違い

 

降水確率とは、実際の降水量とは直接関係のないものです。

これは、「ある地点で特定の時間内に1mm以上の雨が少なくとも一度降る確率」を意味します。

降水確率は過去の気象データに基づいて算出されます。

例えば、過去に同じ気象条件が100回あったとして、そのうち70回で1mm以上の雨が降った場合、降水確率は70%となります。

降水量が多いか少ないかに関わらず、確率は変わりません。

つまり、降水確率が高いとしても、必ずしも多量の雨が降るわけではありません。

 

3mmの降水量が意味するもの

 

では、具体的に降水量3mmとはどれくらいの雨量なのでしょうか?

ここでは、降水量による雨の強さの目安を見てみましょう。

  • 1mm未満:ほんの少し降る雨。地面が湿る程度です。
  • 1mm:軽い雨。傘がなくても耐えられるレベル。
  • 2mm:やや弱い雨。雨が降っているのがわかり、傘が必要です。
  • 5mm:普通の雨。少しの間外にいるだけでも傘が欲しくなります。
  • 10mm:しっかり降る雨。足元も濡れます。
  • 20mm:かなり強い雨。傘をさしていても濡れます。
  • 30mm:非常に強い雨、いわゆる豪雨です。
  • 50mm:極めて激しい雨。滝のように降ります。
  • 80mm:非常に強く、猛烈な雨。外出は危険です。

降水量3mmの雨は、はっきり「雨が降っている」と感じられるレベルです。

外に少し出ただけでも、傘がないと濡れてしまう程度の雨です。

3mm未満では小雨3mm以上では一般的な雨と考えられます。

野外イベントを計画する際には、降水量3mmが中止の目安となることが多いです。

 

3mmの降水量が日常生活に与える影響

3mmの降水量が日常生活に与える影響

ここでは、3mmの降水量が私たちの日常にどのような影響を及ぼすかを探ります。

 

屋外での影響

 

3mmの降水量は、しっかり感じられる雨です。

屋外での散歩や移動中、短時間でも服が濡れることがあります。

水たまりができてしまうので、うっかり踏んでしまうと靴やズボンが濡れる可能性があります。

特に車道の近くでは、通過する車や自転車から水しぶきを受けるリスクがあるため、注意が必要です。

 

傘の必要性

傘の必要性

短い距離であれば傘なしで済むこともありますが、それなりの距離を歩く場合は傘が必要になるでしょう。

数分で衣服が濡れるほどの雨量なので、外出する際はほとんどの人が傘を持っています。

傘を忘れた場合、コンビニで急いで購入することを考えるほどです。

また、朝に雨が降っていなくても、3mmの降水量が予報されている場合は傘を持つことをお勧めします。

 

洗濯物への影響

 

3mmの降水量の雨が降ると、外に干された洗濯物は完全に濡れてしまいます。

そのため、屋外での洗濯物干しは避けた方が良いでしょう。

屋根付きのバルコニーであっても、強風で雨がかかる可能性があります。

さらに、洗濯物がよく乾くかどうかを判断するためには「洗濯物指数」確認すると良いでしょう。

この指数は10から100のスケールで、洗濯物の乾きやすさを示します。

指数が高いほど洗濯物が乾きやすくなります。

洗濯物指数

 

3mmの降水量が乗り物に及ぼす影響

3mmの降水量が乗り物に及ぼす影響

3mmの降水量の雨は、さまざまな乗り物の使用に影響を与えます。

出掛ける際の大きな判断材料にもなると思います。

 

それでは、それぞれの乗り物に対する影響を見ていきましょう。

 

自転車の運転への影響

 

自転車が移動手段という方は多いと思います。

3mmの降水量で自転車に乗る場合はレインウェアが必要になります。

風が強い場合は、レインウェアを着ていても衣服が濡れてしまうことがあります。

 

また、自転車での傘の使用道路交通法で禁止されており、違反すると罰金が科される可能性があるため注意が必要です。

自転車での傘の使用は道路交通法で禁止

 

雨によって視界が悪くなり、路面も滑りやすくなるので、普段より慎重に、ゆっくり運転することが推奨されます。

マンホールのフタの様な金属の上での急ブレーキは絶対に避けるようにして下さいね。

 

バイクの運転への影響

 

自転車同様、バイクの運転にも3mmの降水量は影響を与えます。

視界の悪化と路面の滑りやすさが問題となります。

できる限りバイク以外の交通手段を選ぶのが良いですが、どうしてもバイクを利用する場合は、より慎重な運転と、雨によるバイクの故障や劣化を防ぐための適切なメンテナンスを心がけましょう。

 

自動車への影響

 

3mmの降水量の雨は、自動車の運転において晴れた日と比べて視界が悪くなりますが、運転に特別な制限はありません。

道路が濡れて滑りやすくなるため、制動距離が長くなるので特に注意が必要です。

 

歩行者や自転車への注意も怠らずに、安全運転を心がけましょう。

相手が止まってくれると思わず、自分が減速し距離をとる様にしましょう。

 

また、高速道路での運転では、雨により事故のリスクが高まるため、普段よりもスピードを落とすことが推奨されます。

 

公共交通機関への影響(新幹線、船、飛行機)

 

新幹線、船、飛行機などの公共交通機関は、3mmの降水量の雨では通常通り運航されることが多いです。

運休になる基準は、通常降水量50mm以上の大雨の場合です。

 

新幹線は風速20m/s以上で速度制限がかけられ、30m/s以上で運休になることがあります。

線路が冠水してしまった場合は運休になるでしょう。

 

飛行機や船も多少の雨には影響を受けませんが、強風の際は欠航の可能性が高まります。

飛行機は目的地の悪天候が原因で視界が悪くなり、着陸できない場合があります。

船は、雨風の強さだけでなく波の高さも欠航の判断基準になります。

 

これらの措置は、安全な運航を確保するために必要です。

 

新幹線や飛行機、船などの運航スケジュールは天候によって変更されることがあるため、事前に最新情報を確認することが重要です。

出来るだけ余裕を持ったスケジュールを組むことが出来ると良いでしょう。

 

3mmの降水量がスポーツやアウトドア活動に与える影響

3mmの降水量がスポーツやアウトドア活動に与える影響

3mmの降水量の雨は、屋外でのスポーツやアウトドア活動にどのような影響を与えるでしょうか?

ここでは、それぞれの活動への影響を詳しく見ていきます。

 

陸上競技における影響

 

通常、陸上競技はわずかな雨では中止になることはほとんどありません。

競技場や道路で行われるイベントは、極端な悪天候、例えば台風や豪雨などを除いて、予定通り行われることが多いです。

 

しかし、投擲競技や棒高跳びなど、特別な道具を使用する競技は、雨による滑りやすさのため安全上の理由から中止になる可能性があります。

投擲競技:砲丸投げ、円盤投げ、槍投げ、ハンマー投げなどの競技です。

 

長距離走も、ほんの少しの雨では通常通り実施されますが、冬場は特に寒さ対策が必要です。

応援の場合は傘やレインコートなどの装備が推奨されます。

 

球技における影響

球技における影響

球技、特に野球、サッカー、フットサルでは、雨よりもフィールドのコンディションが重要です。

ドーム球場であれば問題ないでしょうが、アマチュア競技であれば殆どが屋外競技場ですよね。

 

排水の良いグラウンドであれば、3mmの降水量程度の雨でも試合が行われる可能性が高いです。

しかし、前日の大雨によりグラウンドが悪条件になっている場合は、晴れていても試合が中止になることがあります。

 

サッカーやフットサルは野球より雨に強いですが、雷警報が出ると試合が一時中断されるか、最悪の場合は中止になることもあります。

ラグビーはかなりグジャグジャな状態でも競技をしている様に思います。

 

ゴルフへの影響

 

3mmの降水量の中でもゴルフプレーは可能ですが、雨によるボールの扱いやプレーヤーの不快感が問題となる場合があります。

 

雨具を着ても長時間のプレーには衣服が濡れたり体が冷えたりする可能性があります。

特に秋冬は寒さ対策が必要で、カイロなどが役立ちます。

 

プロゴルフのトーナメントでは少量の雨であれば中止にはなりませんが、アマチュアプレーヤーにとっては中止を検討することが無難な場合もあります。

 

こちらの記事にゴルフについてまとめておりますので、よろしければご覧ください。

以上のように、3mmの降水量の雨は屋外でのスポーツやアウトドア活動にさまざまな影響を与えます。

安全性と快適性を考慮し、天候に応じて適切な対策を講じることが重要です。

 

3mmの降水量が野外活動に与える影響

3mmの降水量が野外活動に与える影響

降水量3mmの雨がさまざまな野外アクティビティにどのような影響をもたらすかについて探ってみましょう。

 

キャンプにおける影響

 

3mmの降水量の雨は、キャンプに相応のリスクをもたらします。

川の水位が上昇したり、強風が吹いたりすることで、テント内に水が入り込む可能性があります。

 

特に川沿いのキャンプ場や家族連れのキャンプでは、安全を考慮して中止を検討するのが賢明です。

上流の雨量まで予想しながら影響を考えないと、取り返しのつかない事に繋がってしまいます。

 

経験豊かなキャンパーであれば、状況次第で対応できるかもしれませんが、初心者は中止をお勧めします。

予定を変更するのは残念ですが、安全を優先して、より良い天候の日にキャンプを楽しむ方が良いでしょう。

 

湖畔のキャンプであっても、霧雨程度の雨でテントが水没した経験がある自分としては注意しすぎることは無いと考えます。

 

登山への影響

 

登山への影響

3mmの降水量の雨は、登山における危険性を高めます。

雨によって視界が悪くなったり、斜面が滑りやすくなったりすることで、転倒や滑落遭難のリスクが増加します。

 

経験豊富な登山者でも、このような状況下では登山を中止することを検討すべきです。

安全は何よりも優先されるべきです。

 

釣りへの影響

 

釣りへの影響

3mmの降水量の雨が降っていても、レインコートを着用すれば釣りは楽しむことができます。

ですが、キャンプの時と同じく川に入って行う釣りの場合は、水位が急激に上がる危険性が有りますので十分に注意が必要です。

 

雨の日は魚が活発になることがあり、晴れた日とは異なる釣り体験が可能です。

ただし、雨によって体が冷えたり体力が消耗したりするリスクもあります。

 

海釣りの場合、風が強くなると堤防から転落する危険も高まるため、風が強い場合は釣りを控えることが推奨されます。

船釣りの場合、波が荒いと予想される場合は出船しない事が有ります。

 

いずれの釣りの場合でも、雨で地面が滑りやすくなるので移動する際には注意が必要です。

 

遊園地や野外イベントでの楽しみ方

 

3mmの降水量の雨が予想される日に遊園地や野外イベントに行く場合、楽しむことができるでしょうか?

東京ディズニーランドでの楽しみ方

 

 

ディズニーランドでは、雨天でも楽しめる多くのアトラクションが屋内に設置されています。

雨の日には特別なパレードやイベントが開催されることもあり、晴れた日とは異なる楽しさがあります。

 

ディズニーランドのジャングルカーニバルではゲームにチャレンジしてみてください!

成功すると、ピンバッジが貰えるのですが、雨の日限定のドナルドとデイジーの雨ルックのチャームがありますよ。

一日中、雨じゃなくても朝方雨だったり、ちょっと降っただけでももらえるらしいです!

 

ディズニーシーアブーズ・バザールでも有料でゲームを楽しめるのですが、そのゲームをはずしてしまっても、雨限定のピンバッジが貰えます。

内容は変わることもあるので、悪しからず。

 

ディズニーランド内の屋根のあるエリアを探してみてください!時間も場所も明らかにはなりませんが、突然キャラクターが出てきて挨拶してくれます。

その名も「フリーグリーティング」。

今までだとワールドバザール内で、ドナルド、デイジー、プルート、グーフィ、チップ&デール、クラリス、スクルージ・マクダック、プーさん、ピグレット、ティガー、イーヨー、ラビット、白雪姫、ピノキオ、シンデレラ、アリス、ピーターパン、オーロラ姫、ベル、ラプンツェルなどと会えています。

 

ホテルミラコスタの下にも現れることもあるとか。

ぜひ行ってみてください!

 

また、ディズニーランドのデジタル・フォトエキスプレスではパークの中で撮影した写真にキャラクターのイラストを入れてプリントできるサービスがあります。

雨の日だけのフレームというのがあるのです。

ぜひ選んでみてください。

 

雨の日だけの特別感はこの他にもこれからも出てくるかもしれません。

事前に調べて、雨の日だけのサービスを受けてみてください。

 

ユニバーサルスタジオジャパンでの楽しみ方

 

ユニバーサルスタジオジャパンでは、雨天時に屋外アトラクションが一部休止になることがありますが、雨の日限定のイベントが開催されることもあります。

また、雨のために来場者が少ないと、アトラクションの待ち時間が短くなったり、お土産選びや写真撮影をゆっくり楽しめたりするなど、雨の日ならではのメリットも享受できます。

 

クルーに声をかけると無料でもらえるのがオリジナルシール。

色々な限定シールが存在するのですが、雨の日にしか貰えない限定シールもあるので、声をかけてゲットしてください!

 

また、雨の日に「グリーティングを開催します!」とアナウンスが聞こえたら、キャラクターが登場しますよ!

「カリフォルニア・コンフェクショナリー」「ユニバーサル・スタジオ・ストア」あたりに行ってみてください。

どのキャラクターが元気に現れるかはその日のお楽しみ!

 

そして、雨に日でも入れるアトラクションの中でも特に人気なのは、

マリオカートミニオン・ハチャメチャ・ライドハリーポッター・アンド・ザ・フォピドォン・ジャーニーです。

せっかくなので、効率よく並んで入ってみてください。

 

 

このように、降水量3mmの雨が予想される日は、野外アクティビティやテーマパークの楽しみ方を工夫する必要があります。

安全を第一に考えながら、天候に応じた楽しみ方を見つけることで、雨の日でも充実した時間を過ごすことができます。

 

3mmの降水量が様々なアクティビティに及ぼす影響

3mmの降水量が様々なアクティビティに及ぼす影響

3mmの降水量が日常生活のさまざまなアクティビティにどのような影響をもたらすかについて見ていきましょう。

 

遊園地での過ごし方

 

多くの遊園地は、3mm程度の降水量の雨があっても、通常通りの入園が可能です。

屋外のアトラクション、特にスリル系は雨で休止する可能性がありますが、屋根付きのメリーゴーランドや観覧車などは動いている場合があります。

 

また、室内のアトラクション、例えばお化け屋敷などは雨の影響を受けずに楽しめます。

 

運動会や体育祭に与える影響

運動会や体育祭に与える影響

学校や幼稚園の運動会や体育祭では、降水量3mmを基準にイベントの開催が決定されることがよくあります。

この程度の雨量で運動会や体育祭の中止が検討されることが多いです。

 

しかし、前日に大雨が降ってグラウンドがぬかるんでいる場合は、小雨でも中止や延期となることがあります。

 

晴れている日は予定通り実施されることが多く、雨が途中で降り始めた場合にはイベントの短縮やプログラムの変更が行われることもあります。

 

花火大会における影響

 

花火大会は、少しの雨なら雨天決行されることが一般的です。

しかし、降水量3mmの雨では中止や延期となることが増えて来ます。

花火大会における影響

花火大会の運営にはかなりの費用がかかるため、中止よりも延期が検討されることが多いです。

運営団体によっては、当日の天候が小雨であれば予定通りに開催されることもあります。

 

降水量3mmでの雪の積もり方と対応

降水量3mmでの雪の積もり方と対応

降水量3mmの雨が雪に変わる場合、その積もり方は気温によって変わります。

一般的に気温が1度以上の場合、雪は積もりません。0度の時は、1mmの降水量で約1cmの雪が積もるとされています。

気温がマイナス2度であれば、1mmの降水量に対して約2cmの雪が積もります。

 

このため、外気温が0度の場合は、およそ3cmの雪が積もると考えられます。

 

ただし、雪の種類や環境によって積もり方は異なり、湿った雪では3cm未満、乾燥したパウダースノーではそれ以上に積もることもあります。

 

普段雪が降らない地域で雪が降りそうな場合は、公共交通機関を使うのが安全です。

 

まとめ:降水量3mmの雨がもたらす影響について

まとめ:降水量3mmの雨がもたらす影響について

降水量3mmの雨は、はっきりと「降っている」と感じられる量です。

この程度の雨量より降水量が多くなる場合、屋外での活動やイベントに影響が出る可能性が高くなります。

傘を使わないと、短時間の外出でも衣服が濡れてしまうでしょう。

 

特に屋外イベントでは、安全性や快適性を考慮して、中止や延期を検討することが一般的です。

屋外レジャーやアウトドア活動でも、天候の悪化に伴うリスクを考慮し、中止や延期の選択が必要な場合があります。

 

総合的に見ると、降水量3mmの雨は屋外活動の計画において慎重な判断が求められる天候です。

 

楽しみにしていたイベントやアクティビティがある場合も、天候の変化に応じて柔軟に対応し、安全第一で行動することが大切です。

また、雪が積もる可能性がある場合は、交通状況や安全面への注意が特に必要です。

 

状況に応じた適切な対策をとることが望ましいでしょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
crazynaka です。 電機メーカーに勤務しているサラリーマンです。 人付き合いが不得意ながら営業職として働いています。 食べ歩きが趣味で、出張に行ってはそこで美味しいモノを食べるのが楽しみです。 運動もせず食べ歩きしていたため激太りしてしまい、そのあと体重を絞るのに苦労しました。 昔はアウトドア派でしたが、完全にインドア人間になっており、ネットサーフィンが趣味になって来ました。 ネットで見つけた情報を発信して行きます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright© crazynakaの情報発信板 , 2023 All Rights Reserved.