3mmの降水量でゴルフはどうなる?プレイ可能か中止を検討すべきか?

ゴルフのラウンド予定が入っていると、当日の気象予報がとても気になりませんか?

どんなに朝早くても晴れていれば、楽しみが待っているので、なんてことないのですが、天候不順だとその後の状況が気になって、いまひとつ気持ちが下がります。

 

特に雨の予報がある場合、降水量の確認は欠かせません。

 

雨だとずぶ濡れになるし、スコアは悪くなるしで良い事が有りません。

冬場の雨など最悪です。

 

雪だとコースがほぼクローズになるため、いっそのこと着雪してくれた方がマシです。

 

さて、多くの人は降水量がどれほどの雨量を意味するのかを正確に把握していないかもしれません。

そこで、3mmの降水量がゴルフプレイにどのように影響するかを考えてみましょう。

 

一般的に、どのくらいの降水量でゴルフをキャンセルすべきかも重要なポイントです。

コンペの幹事の場合は重要な判断材料になります。

 

ラウンド中止になる降水量の基準とゴルフのキャンセル料について

 

雨天でもゴルフは通常予定通りに行われます。

したがって、特定の降水量を超えると自動的にキャンセルになるという基準はありません

 

ただし、極端な豪雨の場合はゴルフ場がプレイ不可と判断することもあります。

 

ゴルフ場がクローズしない場合は、プレイヤー自身が中止か続行かを決めることになります。

 

個人的なラウンドであれば問題ないですが、あなたがコンペの幹事だった場合は、中止の判断が求められることもあります。

この判断が間違っていると、参加者からの非難を受ける可能性もあります。汗

 

そのため、どのくらいの降水量でキャンセルが増えるのかや、ゴルフ場がクローズするかを知っておくことが重要です。

 

一般的には、3mm以上降水量で多くの人がキャンセルを選択します。

4mmの予報が出ると、自分の経験上ほとんどのコンペが中止になっていました。

 

しかし、雨が苦手な人は、2mm程度の降水量で中止を検討することもあります。

キャンセルする際、ゴルフ場がクローズしていない限り、キャンセル料が発生するのが一般的です。

 

ただし、台風接近などの悪天候が予想される場合は、キャンセル料を免除するゴルフ場もあります。

最近では、平日はキャンセル料が免除される場合も増えています。

 

このため、天気予報を確認し、ゴルフ場のキャンセルポリシーを事前にチェックすることがおすすめです。

 

キャンセル料はゴルフ場によって異なり、当日の場合は全額負担という場合もあります。

これも事前にゴルフ場に問い合わせておくと良いでしょう。

 

ゴルフ前の天気チェック:降水量とは?

 

ゴルフを楽しむ方々は、プレーの前の週から気象予報に目を光らせていることでしょう。

特に雨予報の場合、降水量がプレーへの影響を大きく左右します。

 

ここで、天気予報に表示される「降水量」という指標について見て行きましょう。

 

降水量とは、文字通り雨の量を示すものです。

みぞれや雹(ひょう)、雪まで含み、溶けて水になった量を示します。

 

雨だけの場合は降雨量と言います。

 

詳しく説明すると、降った雨やみぞれ、雹や雪が完全にその場に留まると仮定した際、1時間でどれだけの深さになるかを数値で表しています。

このため、リットルなどの体積単位ではなく、深さをmm単位で表示しているのです。

 

例えば、降水量が3mmであれば、地面に3mmの深さの雨水がたまると想定されます。

 

しかし、これだけではどの程度の雨量かイメージするのは難しいかもしれません。

 

降水量1mmの場合、傘が不要で、かろうじて雨を感じる程度です。

ですから、ゴルフプレーには支障がないと考えられます。

 

しかし、3mmになると、傘が必要になり、濡れることは避けられません。

 

さらに、5mmを超えると、傘を差してもビショビショになり、短時間でも傘が必要となる量となります。

このように降水量を理解しておくと、ゴルフコンペなどの開催可否の決定に役立ちます。

 

また、夏と冬の雨では体力の消耗度合いが異なるため、降水量だけでなく気温も考慮してプレーの中止を判断することで、参加者の理解を得やすくするでしょう。

 

3mm降水量の雨天時、ゴルフプレーは可能か?

 

雨が降る日にゴルフをする際、降水量がプレーにどれほど影響するのかは重要です。

  • 0.5mmの降水量雨をほとんど感じずに通常通りプレーができます。
  • 1mmの降水量傘が必要ないこともあるが、長時間のプレーでは傘が必要。
  • 2mmの降水量レインウェアなどの雨対策が必須です。
  • 3mmの降水量高品質の撥水加工を施したプロ用レインウェアが必要。
  • 5mm以上の降水量ゴルフをキャンセルすることが一般的です。

 

降水量が多くなると、コースが濡れてプレーの進行が晴天時と異なり、攻略法も変わってきます。

雨の中でのプレーは、プロや上級者でさえ通常通りには行えません。

 

初心者の場合、3mm以上の降水量ではプレーをキャンセルすることも検討すべきです。

また、コンペの幹事の場合は、参加者のスコアや年齢層を考慮して判断することが大切です。

 

楽しいラウンドをしてもらう為のコンペで、雨が原因で苦痛になることは避けたいものです。まして滑って怪我したら目も当てられませんね。

 

3mmを超える降水量がゴルフのパフォーマンスに及ぼす効果

 

雨天でのゴルフは晴天時とは異なる問題を引き起こします。

まず、雨で濡れることにより、レインウェアを着用してもウェアが肌に張り付くことがあります。気持ち悪いものですよね。

 

また、夏場だと蒸してグロッキーになる事も。

熱中症の危険も高まります。

 

また、グローブが濡れると、防水タイプであってもクラブのグリップが滑りやすくなります。

OBが増える原因にもなるのでボールの準備をお忘れなく。

 

雨除けに傘を使うことで片手が塞がれ、さまざまな動作に手間がかかるようになります。

雨対策をしていても、濡れたり手間がかかったりすることは避けられません。

 

そのため、いつもと同じメンタル状態でのプレーは難しいです。

 

3mmを超える降水量では、ゴルフスコアにも大きな影響が出ます。

ドライバーのランが減少し、飛距離が10~20ヤード短くなることがあります。

フェアウェイでは悪いライや水溜りにより、ミスショットが起きやすくなります。

 

バンカー内では、砂が湿って固まり、ボールが一発で出るのが難しくなります。

目玉になりにくくはなりますが、その分トップし易くなるので注意が必要です。

 

 

グリーン上でもボールの転がりが悪くなり、パットがショートしやすくなるため、スコアが大きく落ちる可能性があります。

 

気温が低い時の雨は、さらに体力を消耗させ、足がつったりしやすくなります。

 

カートの使用やフェアウェイへの乗り入れ可否も考慮すべきです。

特にカート乗り入れが可能なコースでは、雨でタイヤが滑りやすくなるため、注意が必要です。

 

雨が強くなった場合はカート道を外れない方が安全です。

 

 

3mm以上の降雨時のゴルフスコア維持のための対策

 

時には3mm以上の降雨が予想される日にもゴルフを断れないことがあります。

そんな時、スコアを保つための準備をしておくことが重要です。

 

プロや上級者は雨の日でもスコアをそれほど落とさないための工夫をしています。

 

ここで彼らの対策を見てみましょう。

 

最初に重要なのがレインウェアの選択です。

市場には多様なレインウェアがありますが、プロが選ぶのは撥水性能が高く、違和感を少なくしてプレーを可能にするものです。

 

これらは機能性が高いため価格もそれなりに高くなりがちです。

 

次にグローブです。

雨天時に滑りにくいグローブを選び、プロは1ホールごとに新しいグローブに交換します。

 

アマチュアプレーヤーにとってはコストがかかりすぎるかもしれませんが、少なくともハーフラウンドごとに2~3枚は用意しておくことをお勧めします。

 

さらに、実際のプレー前の練習からレインウェアを着用することも大切です。

練習段階からレインウェアを着用し、その感覚に慣れておくことが効果的です。

 

最後に、傘の内側にタオルを吊っておくことも役立ちます。

これにより、グリップやボール、クラブフェースをショットごとに拭くことができ、常に手元にタオルを置いておくことが可能になります。

 

ただし、長すぎるタオルは芝に付いて水を吸うので、短めの物を枚数多く準備すると良いでしょう。

 

3mmを超える雨天時のゴルフプレー:特別な注意点

 

先に挙げた3mm以上の降雨時の準備に加えて、プレー中に留意すべき点もいくつかあります。

ドライバーだけでなく、他のクラブを使用したショットも、フェアウェイ上でのランが期待できません。

 

特にセカンドショットでは、実際の飛距離よりも短めに読んでクラブを選ぶことが大切です。

 

場合によっては通常より2番手以上、上のクラブを選択するのも適切です。

 

 

雨天時のグリーンはボールが止まりやすくなります。

普段はランを計算に入れてピンまでの距離を打つことが多いかもしれませんが、雨天時はピンをデッドに狙い、スピンを利用してボールを止める戦略が有効です。

 

また、傘の使用時はその置き方にも注意が必要です。

雨の日は風が強くなることがあるため、傘の先を風上に向けて置くと、傘が飛ばされにくくなります。

 

さらに、クラブのグリップ部分を傘の中に入れるようにすると、グリップが濡れるのを防ぐことができます。

 

これらのように細かい点に注意を払うことが、スコアに直結する違いを生み出すことになります。

 

結論:降水量3mmと分かった場合は相談して決めましょう

 

ゴルフは、最大で4人、最小でも2人で楽しむスポーツです。

このため、

  • 同じ組のメンバーが快適にプレーできるかどうか?
  • 雨天でのプレーに対する好みや能力
  • そして雨の日のゴルフ場のキャンセル対応など

 

様々な要素を事前に話し合っておくことが重要です。

 

不本意なプレーは誰にとっても楽しいものではなく、せっかくなら皆で楽しみを共有したいですよね。

 

ラウンドを楽しむためには、私的なラウンドか、コンコンペなのか?

参加者の年齢層(体力)など、様々な要因を考慮することが重要です。

 

多くの場合、コースの会員権を持つ参加者は年齢が高くハンディキャップが少ないことが多いです。

このような経験豊富なプレーヤーと相談しながら、早めに決定を下し他の参加者に通知することで、全員が安心してゴルフを楽しむ準備ができます。

 

「当日コースに行ったら中止になった」 と言うのでは一日棒に振る事になりかねません。

あなたが幹事なら、なるべく早く決定を出す様にすると良いでしょう。

 

また、あなたが参加者なら、中止の連絡が来ない限りコースに向かうようにして下さいね。

ゴルフを嗜む方々は、マナーに厳しいかもしれませんからね。

 

早めの備えや準備を怠らないことが、どの立場でゴルフを参加するにしてもストレスを最小限で抑えられて、楽しめるものですよね。ぜひご参考に!

crazynaka

crazynaka です。 電機メーカーに勤務しているサラリーマンです。 人付き合いが不得意ながら営業職として働いています。 食べ歩きが趣味で、出張に行ってはそこで美味しいモノを食べるのが楽しみです。 運動もせず食べ歩きしていたため激太りしてしまい、そのあと体重を絞るのに苦労しました。 昔はアウトドア派でしたが、完全にインドア人間になっており、ネットサーフィンが趣味になって来ました。 ネットで見つけた情報を発信して行きます。