crazynakaが気になる情報を発信します

サボることだけを徹底的に極めてしまった!究極の放置ビジネスメルマガ

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

直流と交流の基本的な違い、そしてそれぞれの利点と欠点について

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
crazynaka です。 電機メーカーに勤務しているサラリーマンです。 人付き合いが不得意ながら営業職として働いています。 食べ歩きが趣味で、出張に行ってはそこで美味しいモノを食べるのが楽しみです。 運動もせず食べ歩きしていたため激太りしてしまい、そのあと体重を絞るのに苦労しました。 昔はアウトドア派でしたが、完全にインドア人間になっており、ネットサーフィンが趣味になって来ました。 ネットで見つけた情報を発信して行きます。
詳しいプロフィールはこちら

電気の世界では、「直流(DC)」と「交流(AC)」が存在します。

それぞれどの様なところに使用するかによってどちらを使用するか検討されています。

 

これらの方式の特徴や利点、欠点を理解することは、電力を効果的かつ安全に活用するために極めて重要です。

 

普段の生活で、わたしたちは直流と交流の両方を使ているのですが、どの電気が直流で、どの電気が交流なのか特に意識した事は無いと思います。

生活に欠かせない電気であるのに、 です。

 

この記事では、直流と交流の基本的な違いを紹介し、具体的な例を挙げてそれぞれの長所と短所を解説します。

 

直流と交流が存在する理由

直流と交流が存在する理由

 

電流には、直流(DC)と交流(AC)の二つの形式があります。

※ACには単相交流と三相交流が有りますが、今回は割愛します

 

これらの形式についての物理的および技術的な背景を理解することで、電気に関する基本的な知識が深まります。

 

直流は一定の方向で流れる電流であり、一方で交流は周期的に方向が変わる電流です。

この基本的な違いが、用途や伝送効率に大きく影響します。

 

ちなみに、発電所で発電される電気は交流(AC)で、太陽光パネルで発電される電気は直流(DC)です。

 

 

直流と交流の根本的な違い

直流と交流の根本的な違い

直流と交流の最も大きな違いは、電流の流れる方向にあります。

この違いの原因とその結果を理解することは、それぞれの方式の利点と欠点を評価するうえで重要です。

 

ちなみに、一番身近な直流は スマホのバッテリーや懐中電灯などに使っている電池です。

また、一番身近な交流は、家庭のコンセントに来ている電気です。

 

電流の流れ方の詳細

 

直流(DC)は電流が一方向に流れる方式で、エネルギーの伝送や特定のデバイスに適しています。

交流(AC)は電流が周期的に方向を変える方式であり、この特性が電力伝送や電圧調整を効率的に行うことを可能にします。

 

直流の一貫した流れは電子回路に安定した電力を供給するのに理想的であり、一方交流の方向転換の特性は、遠距離への電力伝送時に損失を減らすのに役立ちます。

 

直流電源のメリット

直流電源のメリット

 

直流電源は、エネルギーの効率的な伝送と変換の面で多くの利点を提供します。

このセクションでは、直流電源が持つ主要なメリットについて詳しく見ていきます。

 

伝送効率と安定した電力供給

 

直流電源の連続する流れは、エネルギーの損失を最小限に抑え、特に長距離伝送や電子機器への電力供給に大きな利点をもたらします。

直流は電圧の変動が少なく、安定した電力を供給することが可能です。

 

これは、電圧の変動に敏感な精密機器やデータセンターなどの用途で特に重要です。

 

直流電源のデメリット

直流電源のデメリット

 

多くの利点がある一方で、直流電源にはいくつかの欠点も存在します。

これらの問題点は、直流電源の利用を制限する要因となることがあります。

 

電圧変換の困難

 

直流電源の主要なデメリットの一つは、交流に比べて電圧の変換が困難であることです。

特に、電圧を何倍にも高くする(例えば1.5Vを40Vに変換する)には、複雑で高価な機材が必要になります。

 

電圧を上げる事を昇圧と言いますが、特に昇圧する時には複雑な電子回路が必要とされ、これがコストや効率の面で不利となることがあります。

直流を使用するシステムでは、異なる電圧レベルへの調整が必要な場面が多く、特に再生可能エネルギーシステムや電気自動車など、直流を主要な電力源として利用する場合には、これが大きな課題となります。

 

直流の電圧を単純に半分にしたり、1/3にしたりする場合は、直流でも簡単な回路(分圧回路)で済んでしまいます。

 

直流のデメリットを見て来ましたが、直流から交流を作り出す事も可能です。

直流から交流を作り出す回路がインバータと呼ばれる回路で、色々な電気製品に使用されています。

 

交流電源の利点と影響

交流電源の利点と影響

 

交流電源は、柔軟性と効率性において直流を凌駕するメリットを提供します。

特に、電圧調整のしやすさと、長距離での効率的な電力伝送がその強みです。

 

また、絶縁されたところに電気を流す(又は電圧を発生させる)ことが出来る事も大きな特徴の一つです。

 

ここでは、交流電源の主な利点をさらに詳しくご説明します。

 

電圧調整のしやすさ

 

交流の一つの大きな利点は、電圧を簡単に調整できることです。

変圧器(トランス)を利用する事で、高電圧での効率的な電力伝送を行い、使用地点で安全な低電圧に変換することが可能です。

 

ちなみに、変圧器は交流の電気しか変換出来ないという特性が有ります。

 

この機能により、広範囲な電力ネットワークを構築し、都市や工業施設に電力を供給することができます。

発電所から家庭や工場に電気を送る時には何段階か電圧を変換しながら電気を送っています。

変電所

 

発電所で50万V~27.5万Vの電圧が発電され、それを超高圧変電所に送ります。

超高圧変電所で15.4万Vに降圧され、一時変電所に伝送されます。

その後、15.4万Vのまま工場は鉄道に供給するか、7.7万Vに降圧して二次変電所に伝送します。

さらに3.3万Vから2.2万Vに変換して供給したり、配電用変電所に伝送します。

配電用変電所からは6600Vに降圧され、工場や一般家庭に電力供給する変圧器に伝送します。

 

何度も何度も降圧されて、ようやく家庭の100V(AC100V)が供給されるのです。

 

とても面倒くさい様に見えますよね?

発電所から100Vや200Vで送電してくれたら楽なのでは?と思うのは当然のことだと思いますが、高電圧での伝送は電力損失を最小限に抑えるため、エネルギー効率の向上に寄与するのです。

 

絶縁された状態でも電気を流す(電圧を発生させる)事が出来る

 

交流の電気は、絶縁された状態の場所にも電気を流すことが可能です。

例えば、電子制御をしている機械(回路)にノイズが入り込んでしまう危険がある場合には、コンデンサを交流制御回路中に挟み込むことで絶縁する事が出来ます。

 

また、電源供給ケーブルを挿さずに充電する機器も有ります。

電気を通すための経路(電極)がいっさい無いのに、不思議ですよね。

 

コチラに解説が載っていましたので共有しますね。

 

交流の欠点

交流の欠点

 

交流電源もまた、幾つかのデメリットを持っており、これらは交流を使用する際に注意すべき重要な点です。

 

伝送過程での損失と電力の質問題

 

交流電流が周期的に方向を変える特性により、電力の伝送中に避けられない損失が生じます。

特に長距離での伝送では、線路の抵抗やリアクタンスが原因でエネルギー損失が発生し、これが伝送効率を低下させることがあります。

 

さらに、交流電源は電力の品質に敏感で、電圧の変動やノイズの影響を受けやすいため、敏感な電子機器や精密機械が使用される環境では特に問題が顕著になります。

 

エネルギー損失に対しては、なるべく高電圧で伝送する事でロスを少なくする必要が有ります。

その分、高電圧になる事による危険性が高くなります。

高圧送電線

 

最終消費地点では高い電圧だと危険なので、電圧がAC100V(工場では200/220V~400/440V)にしなければならず、降圧する際のロス(損失)が発生してしまいます。

 

電圧が高いほど電流は少なくて済むため電圧降下やリアクタンスは少なくなりますが、高電圧になるとたとえ空気中であったとしても電気(電流)が流れてしまうので伝送経路の安全確保が難しくなります。

 

まとめ:直流と交流の役割と適切な使い分け

まとめ:直流と交流の役割と適切な使い分け

 

直流と交流は、それぞれが電力の伝送と利用において異なるメリットとデメリットを持ち、これらの特性を理解することが非常に重要です。

 

直流は一定の流れが特徴で、エネルギーを効率的に伝送し電子機器に安定した供給を行うのに適していますが、電圧調整の難しさが欠点です。

一方で、交流は電圧変換の容易さと長距離伝送の効率性がメリットであるものの、伝送中に発生する損失や電力品質の問題を抱えています。

 

これらの特性を適切に理解し、状況に応じて最適な選択を行うことが、電力を効率的かつ効果的に利用するための鍵となります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
crazynaka です。 電機メーカーに勤務しているサラリーマンです。 人付き合いが不得意ながら営業職として働いています。 食べ歩きが趣味で、出張に行ってはそこで美味しいモノを食べるのが楽しみです。 運動もせず食べ歩きしていたため激太りしてしまい、そのあと体重を絞るのに苦労しました。 昔はアウトドア派でしたが、完全にインドア人間になっており、ネットサーフィンが趣味になって来ました。 ネットで見つけた情報を発信して行きます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright© crazynakaの情報発信板 , 2024 All Rights Reserved.