カニを入れた味噌汁の臭み取り対策:プロの技と臭い除去の秘訣を紹介

かに、カニ、蟹、高くて手が出なくなって来ていますが、美味しくて忘れる事が出来ない高級食材です。

そんなカニ入り味噌汁はその豊かな風味で多くの人に愛されていると思います。

※カニ嫌いの人や、蟹アレルギーの人を除く

 

しかし、時にその独特の臭いが気になることもあるでしょう。

 

ですが、ちょっとした工夫でこの問題を解決できる方法があります。

この記事では、カニ入り味噌汁の臭い対策に有効な下処理方法を詳しくご紹介します。

 

カニ入り味噌汁のニオイ取り対策

 

カニ入り味噌汁は多くの人に好まれていますが、時にはその臭みが気になることがあります。

ここでは、カニの臭いを軽減する方法を解説します。

 

カニを水に浸す

カニを水に浸すことで臭いを軽減できます。

約5分間水につけることで効果的です。

 

時間がない場合には、この方法が手軽で便利です。

 

加熱することでさらに臭いを減らすことができますが、短時間でも水に浸すだけで大きな改善が見られます。

 

カニだけでなく、他の海産物も時間が経つと臭みが強くなることがあります。

この臭いは主にトリメチルアミンという成分が原因で、水に浸すことでこの成分が溶け出し、臭いが減少します。

 

カニを湯通しする

カニを湯通しすると、より臭いを取り除くことができます。

沸騰したお湯でカニを数秒通すだけで、臭い成分が減少します。

 

トリメチルアミンは加熱することで揮発しやすくなりますので、この方法が非常に効果的です。

 

出汁でカニを煮る

出汁でカニを煮る方法も臭いを抑えるのに有効です。

鍋に出汁と少量の生姜を加えて沸騰させ、その中にカニを入れて煮ます。

 

生のカニは約1分、冷凍のカニなら3分ほどで十分です。

 

この方法はトリメチルアミンが水に溶け出し、加熱によって揮発するため、臭いが大幅に軽減されます。

少し手間はかかりますが、その分だけ風味豊かなカニ味噌汁を楽しむことができます。

 

生カニをそのまま料理するリスクは?

 

生カニをそのまま使用することにはいくつかのリスクがあります。

特に漁師さんではない場合、市場やスーパーで購入したカニはお店に並ぶまでにかなりの時間が経過しており、取り扱いに注意が必要です。

 

時間が経つにつれてカニを含む甲殻類や魚介類は生臭さを帯びることがあり、この臭いはトリメチルアミンという化合物が原因です。

この化合物は水に溶けやすく、加熱により揮発しやすいため、適切な前処理をすれば軽減する事が可能です。

 

トリメチルアミン (trimethylamine) は有機化合物の一種で、最も基本的な第三級アミンである。魚の臭い。

特定悪臭物質として、悪臭防止法の規制対象である。通常、ガスボンベや40%水溶液として販売される。

 

性質:水に非常に溶けやすい。低濃度では魚臭、高濃度ではアンモニア状の臭気を有する。

魚類は、浸透圧調節作用を持つ成分として、トリメチルアミン-N-オキシド (TMAO) を持ち、還元されることでトリメチルアミンとなる。トリメチルアミンは魚が腐敗したときの臭いの原因の一つである。

 

合成:パラホルムアルデヒドと塩化アンモニウムから、トリメチルアミン塩酸塩を経てトリメチルアミンを得る合成法が報告されている

引用:https://ja.wikipedia.org/

 

また、新鮮なカニであっても、表面に付着している細菌を洗い流さないと消化器系の問題を引き起こす可能性があります。

 

カニは必ず洗浄し、必要に応じて念入りに擦ることもできますが、洗い過ぎると旨味を損ねる可能性があるため、適度に洗うことが重要です。

これにより、カニの風味を保ちつつ安全に楽しむことができます。

 

プロが推奨するカニの下処理方法は?

 

カニの生臭さを効果的に取り除くためには、水とお酒を使って茹でる方法が最適です。

茹でるときにお酒のアルコールが揮発し、同時にトリメチルアミンも一緒に揮発するため、臭みを効果的に除去できます。

 

生カニの場合は約5分、冷凍カニの場合は約10分茹でることを推奨します。

 

茹でる際には、鍋から出るアクをしっかりと取り除くことが重要です。

このひと手間をかけることで、カニの本来の美味しさを最大限に引き出すことができます。

 

【種類別】カニの味噌汁の下処理テクニック

 

カニの味噌汁は、甲羅や脚などさまざまな部位を活用し、カニの種類に応じて異なる風味を楽しめます。

ここでは、カニの部位や種類ごとの下処理方法をご紹介します。

 

甲羅を使う場合

 

甲羅を使うことで、味噌汁に深みと豊かさが増します。

ですが、使用前に臭みを取る処理が必要です。

 

甲羅はそのまま使うことも、半分に切って使うこともでき、より一層の旨味を引き出します。

食べ終わった甲羅は、トースターやフライパンで焼くことで、香ばしさを加え、新たな風味を味噌汁にもたらします。

 

ただし、焼く際には焦がさないよう注意してください。

 

冷凍ボイルカニの利用

冷凍ボイルカニはそのまま使用しても大丈夫ですが、臭みが気になる場合は、味噌汁を作る際に水とお酒で再び茹でると良いでしょう。

生姜を加えることで、臭みをさらに抑えることができます。

 

ボイルカニの殻を使う場合も、焼くことで香ばしさを出すことができますが、焦がさないよう注意が必要です。

 

渡り蟹を使う場合

渡り蟹を使う場合は、鍋に水とお酒を入れ、蟹を茹でます。

茹でる際に出るアクは必ず取り除いてください。

 

この簡単な処理だけで臭みを取り除き、美味しい味噌汁が作れます。

 

出汁が十分に出たら味噌を加えて完成します。

お酒は臭み成分を揮発させるのに役立ちますが、生姜を加えるとさらに効果的です。

 

セイコ蟹を使う場合

セイコ蟹(勢子蟹)を使用する際も、水とお酒で茹でる方法が最適です。

茹でるときに出るアクはしっかり取り除くことが重要です。

 

この方法で臭みを消しながら、風味豊かな味噌汁が作れます。

 

出汁がしっかり出た後、味噌を加えて完成です。

しょうがを加えることもおすすめです。

 

生のセイコ蟹を使用する場合は、最初にしっかりと水洗いをすることを忘れずに行ってください。

 

ちなみに、セイコガニはズワイのメスです。

大きさは小さく(100~200g)カニの身入りが良くないため、カニの身を楽しむのであればオスのズワイ蟹の方が好まれます。

ですが、セイコガニは卵(外子と内子)を持っており、外子と内子は珍味とされています。

 

カニ味噌汁に最適な具材とは?

 

カニ味噌汁はその豊富な旨味で多くの人を魅了しますが、カニだけでは物足りなさを感じることもあります。

ここでは、カニ味噌汁によく合う具材をいくつか紹介します。

 

大根を加える

大根はカニとの相性が抜群で、その吸水性によりカニの風味をしっかり吸収します。

これにより大根自体も非常に美味しくなります。

 

大根の控えめな味わいがカニの風味を引き立てるため、カニ味噌汁には最適です。

 

一方、白菜や人参のような甘みのある野菜はカニの風味と競合してしまうことがあるため、あまりおすすめしません。

 

ネギを使う

ネギは臭みを消す効果があり、カニのような臭みが出やすい食材との相性が良いです。

料理で使われる青ネギだけでなく、白ネギにも同じ効果があるため、どちらでも使用できます。

 

ネギは味噌汁に風味と色どちらも良いアクセントを加えます。

 

ショウガを加える

ショウガはその強い香りと消臭効果が特徴です。

カニの臭みが気になる場合には、薄切りにしたショウガを少量加えると良いでしょう。

 

また、ショウガは体を温める効果もあり、寒い季節の味噌汁にピッタリです。

カニの風味を際立たせるとともに、味に深みを加えます。

 

わかめを入れる

わかめは栄養価が高く、味噌汁の一般的な具材としても人気です。

わかめは味が強くなく、カニの風味を生かしつつ味噌汁に緑の彩りを加えます。

 

カリウムやビタミン、食物繊維が豊富なわかめを加えることで、味のみならず見た目にも美しく、健康にも良いカニ味噌汁を楽しむことができます。

 

カニ味噌汁の臭み取りに関するよくある質問

 

カニの臭み取りに関する質問と回答を見てみましょう。

 

Q: カニ味噌汁の臭みを取るにはどうすればいいですか?

A: カニの臭みは、水に浸す、湯通しする、または湯がく方法で軽減できます。最も効果的なのは、カニを水とお酒を加えた鍋で沸騰させ、アクをしっかり取り除く方法です。

 

Q: ワタリガニの臭みを取るにはどうすればいいですか?

A: ワタリガニの臭みも水に浸すか、湯がいて取り除くことができます。時間が経つと臭みの原因となる成分が現れるため、素早く処理する事が重要です。

 

Q: カニを食べる前に洗う必要はありますか?

A: カニの表面には細菌が付着していることがありますので、水洗いは必須です。しかし、洗い過ぎるとカニの旨味が失われるため、適度な洗浄が推奨されます。

 

Q: カニの食べられない部分はどこですか?

A: カニの甲羅の中にあるエラは食べるべきではありません。灰色でヒラヒラとしたエラには海水中の汚れや菌が付着していることが多く、茹でることで多くの細菌は死滅しますが、完全には取り除けない部分もあるため、食べるのを避けるべきです。

 

まとめ

 

カニの味噌汁を美味しく楽しむためには、臭みを除去するための前処理が非常に重要です。

時間が経つとカニの臭みが強くなるため、美味しさを保つためには素早く適切な処理をする必要があります。

 

購入したカニは使用前にしっかりと水洗いして表面の汚れを落としましょう

 

カニの臭み取りには手間がかかるかもしれませんが、その手間をかけることでカニ本来の美味しさを存分に味わうことができますよ。

 

crazynaka

crazynaka です。 電機メーカーに勤務しているサラリーマンです。 人付き合いが不得意ながら営業職として働いています。 食べ歩きが趣味で、出張に行ってはそこで美味しいモノを食べるのが楽しみです。 運動もせず食べ歩きしていたため激太りしてしまい、そのあと体重を絞るのに苦労しました。 昔はアウトドア派でしたが、完全にインドア人間になっており、ネットサーフィンが趣味になって来ました。 ネットで見つけた情報を発信して行きます。