ゴキブリが部屋にいるか否かを確認する方法!【今すぐできる簡単テクニック】

「この部屋にゴキブリがいるのかどうか、どうやって確かめればいいのだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?

たとえ今まで一度も見たことがなくても、もし隠れていたらと気になってしまたらどうでしょう。

 

気付かないうちに侵入されていたら心配ですよね。

 

そう思うことがある方のために、部屋の中にゴキブリがいるかどうかを確認する方法をご紹介します。

誰でも簡単に試せる方法や、目で確認できる確実な手法を示しますので、ご自身に合った方法を選んで試してみてください。

 

ゴキブリを見逃してしまうと、知らないうちに増えてしまうこともあります。

しかし、ゴキブリがいないことが確認できれば、その状態を維持していれば不安が無い生活が送れます。

 

この記事では、以下の内容について詳しく解説しています

 

  • ゴキブリの有無を確認する方法
  • ゴキブリの駆除方法
  • ゴキブリに遭遇したときの対処法
  • ゴキブリが発生する原因とその予防方法

 

ゴキブリ対策と予防策についてもしっかりと説明していますので、ぜひ参考にしてください。

 

部屋にゴキブリが潜んでいるかどうかの確認方法

 

部屋の隅々にゴキブリが隠れているかもしれないと感じることはありませんか?

怖いけど確かめないと気が済まなくなりますよね。

 

そこで、以下について説明して行きます。

  • ゴキブリの存在を確かめる方法
  • ゴキブリが隠れやすい場所
  • ゴキブリの存在を示す兆候

 

ゴキブリの存在を確かめる方法

 

ゴキブリの有無を確認する方法はいくつかあります。

  • 家具や家電の裏をチェックする
  • ゴキブリの糞を探す
  • 捕獲トラップを設置する
  • 低価格の監視カメラを使う

これらの方法は手軽に試すことができるので、ぜひ実行してみてください。

 

家具や電化製品を動かして探す

 

部屋の家具や電化製品を移動させ、ゴキブリが隠れていないか確認してみましょう。

ゴキブリは暗くて狭い場所を好むため、家具の裏側や家電の下を丹念にチェックすることが大切です。

 

また、ゴキブリは温かい場所を好むので、テレビやコンピュータの背面も見逃せません。

 

実際にゴキブリを見つけた場合でも、その場で確認できれば安心です。

ゴキブリに遭遇した際に備え、殺虫剤を手元に用意しておくと良いでしょう。

 

これにより、ゴキブリに迅速に対応できます。

 

ゴキブリの糞を探す

 

ゴキブリの糞を見つけた場合、その場所にゴキブリが隠れている可能性が高いです。

 

<ゴキブリの糞の特徴>

ゴキブリの糞は一般に黒っぽく、小粒であり、初見ではただの汚れやゴミに見えることが多いです。

これを見落としてしまうと、ゴキブリの存在に気付かずに終わる可能性があります。

 

引用:https://www.earth.jp/gaichu/hun/

 

左がクロゴキブリの糞で、右がチャバネゴキブリの糞です。

クロゴキブリの糞はあまり臭いがしない様で、チャバネゴキブリの糞はツンとした臭いがします。

 

■糞が見つかりやすい場所

  • 暗くて湿気の多い場所、例えば押し入れや靴箱
  • キッチンや浴室などの水回り
  • 食器棚や冷蔵庫の下など、食べ物が近くにある場所

 

■糞の取り扱い

ゴキブリの糞を取り除く際は、直接手で触れないように手袋とマスクを装着し、ティッシュペーパーや雑巾で拭き取るようにしてください。

使用した手袋はビニール袋に入れ、しっかりと口を縛ってから廃棄しましょう。

 

■清掃後の対策

ゴキブリの糞は衛生的に問題があるだけでなく、ゴキブリを引き寄せる原因にもなり得るため、糞のあった場所はアルコールスプレーで消毒することを推奨します。

これにより、お部屋の環境をより清潔に保ち、安全を確保することができます。

 

ゴキブリ捕獲トラップの設置

 

ゴキブリがよく現れる場所に、効果的な罠を設置してみましょう。

 

■市販のゴキブリ捕獲器

最も簡単な方法は、市販のゴキブリ捕獲器を使用することです。

誰でも知っている「ゴキブリホイホイ」などの粘着性の捕獲用製品が手軽に入手できます。

引用:https://www.earth.jp/products/goki-hoihoi/

 

■自作のゴキブリトラップ

自宅で簡単に作れるトラップも非常に効果的です。

 

作るには以下の材料が必要です

  • 2リットルサイズのペットボトル(空のもの)
  • 餌(玉ねぎ、ビール、ジュース、チーズなど)
  • サラダ油またはバター

 

トラップの作り方

  • ペットボトルの底を20cmの高さでカットします。
  • 切ったボトルの外側に湿らせた新聞紙を巻き付け、輪ゴムで固定します。
  • ボトルの内部に用意した餌を置きます。
  • ボトルの上部の縁にサラダ油やバターを塗布します。

 

この設計により、ゴキブリがトラップに入ると、滑りやすい縁で脱出が難しくなります

トラップを設置する際は、エリア内の食べ物や水分を事前に取り除くことが大切です。

食べ物がない環境では、ゴキブリは罠に引き寄せられやすくなります。

 

低価格監視カメラの活用

 

ゴキブリが活動しそうな場所に低価格の監視カメラを設置し、その動きを監視してみましょう。

子供やペットの見守り用に開発された監視カメラは、暗所でも撮影が可能で、外出中や夜間でも部屋の様子をチェックするのに適しています。

 

監視カメラの商品例

・防犯カメラ

・追跡機能付きペットカメラ

・屋内用ワイヤレス監視カメラ

 

小型でスマートフォンと連携可能だと使い勝手が良いでしょう。

暗いところがキレイに撮影できるカメラの方が良いと思います。

 

ゴキブリが潜む可能性のある場所

 

ゴキブリは温かく湿度が高い狭い空間を好むため、以下のような場所が隠れ家になりやすいです。

  • キッチンのガスレンジ周辺
  • シンクの下
  • 冷蔵庫の周囲や隙間
  • 洗濯機の周りの隙間
  • 排水口
  • 家具と壁の間の隙間
  • 段ボール箱
  • 植木鉢
  • 食器棚

 

また、玄関やベランダもゴキブリが侵入しやすいため、特に注意が必要です。

 

これらの場所にカメラやトラップを設置することで、ゴキブリの活動を効果的に把握し、対策を講じることができます。

 

ゴキブリがいる兆候

 

ゴキブリが部屋に潜んでいる場合、以下のような明確な兆候があります。

  • やその痕跡が見つかる
  • 卵の殻が散見される
  • 脱皮した殻が残っている
  • ゴキブリの死骸が見つかる
  • 独特の酸っぱい臭いがする

 

これらのいずれかが確認できた場合、ゴキブリがいる可能性が高いと考えられます。

 

特にゴキブリの糞には注意が必要で、ゴキブリが消化した食物によって形状や色が異なります。

通常は黒か焦げ茶色の小粒またはペースト状です。

 

ゴキブリの糞は他のゴキブリを引き寄せるため、発見したらすぐに掃除して痕跡を除去することが大切です。

 

ゴキブリの駆除方法

 

部屋でゴキブリの存在が確認された場合は、適切な駆除方法を選択し、対応することが必要です。

 

■おすすめの駆除方法

  • 殺虫剤の使用
  • 誘引駆除剤の設置
  • 専門業者に依頼
  • ペットや小さな子どもがいる家庭向けの安全対策

 

殺虫剤の使用

 

殺虫剤はゴキブリ駆除に非常に効果的です。

緊急時に備えて家に常備しておくと安心できます。

 

凍結タイプの殺虫剤は使用後に残り香やベタつきが少なく、掃除が容易です。

 

また、ゴキブリの通り道に事前にスプレーしておくことで、忌避効果も期待でき、効率的にゴキブリを退治し、再発防止にも役立ちます。

 

誘引駆除剤の設置

 

部屋中のゴキブリを効率的に退治するために、誘引駆除剤の使用がおすすめです。

 

市販の誘引駆除剤

市販されている『Wトラップ』などの誘引駆除剤は、隠れているゴキブリも含めて効果的に退治できます。

引用:https://www.lionchemical.jp/products/insecticide/gokiburi/gokiburiyuin.html

 

ホウ酸団子の自作

自宅でホウ酸を使用した団子を作る方法もあり、これが高い駆除効果を発揮します。

 

ホウ酸団子の作り方

必要な材料:

  • ホウ酸:200グラム
  • 小麦粉:100グラム
  • すりおろした玉ねぎ:120グラム
  • 砂糖:少量
  • 牛乳:少量

 

作成手順:

  • 上記の材料をすべて混ぜ合わせて団子状に形成します。
  • 形成した団子をアルミカップに入れ、天日で2~3日間乾燥させます。

 

注意事項:

  • 団子を作る際は手袋を着用してください。
  • 誤って赤ちゃんやペットが食べないように、取扱いには特に注意してください。

 

これらの誘引駆除剤を使うことで、隠れているゴキブリを効率的に退治することができます。

 

専門業者による駆除サービス

 

ゴキブリ駆除が自分だけで困難な場合は、専門の駆除業者への依頼がおすすめです。

業者はゴキブリの生態や駆除法に精通しており、安心して任せることができます。

 

多くの業者は駆除だけでなく再侵入防止の対策も提供していますので、詳細は直接問い合わせると良いでしょう。

 

提供されているサービス例:

  • 家庭向けゴキブリ撃退サービス(単発または定期契約)
  • 戸建て用虫除けサービス
  • マンション向けゴキブリ共生防止サービス

 

単発サービスは1回のみ対策を実施してくれます。

定期契約の場合は薬効が切れるタイミングに合わせて再度対策を実施します。

 

詳しい内容や見積もりはウェブサイトや電話で聞くようにして下さい。

たいがいは無料で相談する事が可能だと思いますが、現地調査が必要となった場合は費用が発生する可能性があるため電話にてしっかり確認するようにして下さい。

 

自分の家の近くで検索すると以下の業者が出て来ましたので共有しておきます。(千葉県船橋市)

http://www.sankyobojo.com/cockroach.html

 

家庭での安全な駆除方法

 

ペットや小さな子どもがいる家庭では、「冷却タイプのスプレー」がリスクが少ない選択肢です。

このタイプの殺虫剤は合成殺虫成分を含まず、ペットや子どもがいる環境、また食品が近くにある場所でも安心して使用できます。

 

屋外への退避が可能な場合には、煙剤を使うことも一つの方法です。

ペットがいる場合でも、水槽を外に移動できれば使用可能です。

 

使用後は、約1時間はしっかりと換気した後に室内に戻ることを推奨します。

 

【緊急対応】ゴキブリとの直面時の対処法

 

ゴキブリと突然遭遇した場合は、迅速な対処が求められます。

特に駆除作業中は、弱ったゴキブリが出てくることがあります。

 

殺虫剤を取りに行く間にゴキブリを見失わないように注意が必要です。

 

奴らは、なぜか顔めがけて飛んできます。

恐怖感はハンパありませんが、冷静に対処するようにして下さい。

床から羽ばたいて飛び上がる事は出来ませんので、壁をよじ登らない限り顔面アタックは来ないです。

 

入浴中など、身動きが取れない状況でも、手近なものを使って素早く対応することが大切です。

どの様な対処法が有るか説明して行きます。

 

キッチン用洗剤の活用

 

キッチンはゴキブリが出現しやすい場所です。

ここでよく使用される「キッチン用洗剤」は、ゴキブリ退治にも役立ちます。

 

洗剤の成分として入っている界面活性剤がゴキブリの体に付着している油分を溶かし、気門を塞ぐことで窒息死させる効果があります。

 

<注意事項>

ゴキブリは多くの病原菌を保持しているため、洗剤で駆除した後は、死骸を迅速に取り除き周囲を徹底的に清掃することが重要です。

 

熱湯を利用した駆除

60℃以上の熱湯にさらされるとゴキブリは死亡します

しかし、適量を持続的にかける必要があります

 

一般のシャワーや給湯器では40℃前後が設定温度のため、この温度ではゴキブリを完全に退治することはできませんが、弱らせることはできます。

弱ったゴキブリには追加で洗剤を使用し、完全に駆除するのが効果的です。

 

布製品用消臭剤での駆除

 

布製品用消臭剤、特に「ファブリーズ」のような商品ゴキブリ退治に利用可能です。

これらの消臭剤に含まれるトウモロコシ由来の界面活性剤がゴキブリを窒息死させる作用があります。

 

手の届く場所に置いておけば、緊急時にすぐに使用できます。

 

シャンプーとボディーソープを使った駆除

 

シャンプーやボディーソープにも界面活性剤が含まれている場合があり、これらはキッチン用洗剤と同じようにゴキブリを窒息死させる効果を持ちます。

 

使用しているシャンプーやボディーソープの成分表示を確認し、界面活性剤の含有をチェックしてください。

 

ただし、界面活性剤が入っているシャンプーやボディーソープが皮膚に合わないということで、界面活性剤不使用のものを使っている場合には効果が有りません

その場合には風呂場用洗剤などを使う様にしてみて下さい。

 

家庭用洗剤の多様性とゴキブリ退治

 

家庭内にはトイレクリーナーや浴室用クリーナーなど、さまざまな洗剤が存在します。

これらの中には界面活性剤を含むものが多く、ゴキブリ退治にも効果的です。

 

ただし、ハイターやその他の塩素系漂白剤もゴキブリを退治できるものの、強烈な臭いや後処理の手間から、使用は避けた方が良いでしょう。

 

ゴキブリを叩いて退治する方法について

 

ゴキブリを見つけたとき、直感的に叩いてしまうことがありますが、これは避けるべきです。

 

スリッパや新聞紙を使うことも一般的ですが、ゴキブリの体には多くの雑菌があり、叩くことでこれらが周囲に広がるリスクがあります。

 

衛生的な理由からも、この退治方法は推奨されません。

 

子供の頃はゴキブリが出た際にはスリッパを掴んで追い掛け回したものです。

もの凄い高揚感が有ったのですが、子供が出来てからは素直に殺虫剤を使う様にしています。

 

ゴキブリの発生原因とその対策

 

ゴキブリはどこから来てどこへ行くのか?

それが分かればゴキブリ対策は容易に出来るでしょう。

 

では見て行きましょう。

 

ゴキブリが発生する原因

 

ゴキブリが発生する理由を理解し、対策を講じることが重要です。

 

■ゴキブリの侵入経路

ゴキブリは極めて小さな隙間からでも侵入することができます。

主要な発生原因は、家の外から来るという事です。

 

主な侵入経路:

  • 玄関ドアや郵便受け
  • 開け放たれた窓
  • ベランダ
  • 排水口や排水溝
  • エアコンのドレンホース
  • 換気扇
  • 給排気口
  • 段ボール箱
  • 観葉植物の鉢やプランター

 

これらの侵入経路を知り、適切な対策を施すことが、ゴキブリの侵入を防ぐ鍵となります。

 

■ゴキブリが好む環境

ゴキブリが繁殖しやすい環境はいくつかの共通点があります。

一旦家に入り込んだゴキブリが生存しやすい環境が有ると住み着いてしまいます。

  • 食べ残しや生ゴミが放置されている場所
  • キッチンや排水口の清掃が不十分な場所
  • 段ボール箱がそのままにされている場所
  • 玄関や窓のサッシに隙間がある場所

 

これらはゴキブリにとって魅力的な環境を提供し、食物源として利用されることで、ゴキブリの増殖を促進します。

 

■ゴキブリを引き寄せる要因

家の周辺にゴキブリが好むものがあると、それが彼らを引き寄せる可能性があります。

家の中はもちろんですが、家の外にも注意を払う必要があります。

  • 生ゴミ
  • 常温で保存されている玉ねぎやジャガイモ
  • ビールの空き缶や空き瓶
  • キッチンの油汚れ
  • 甘い香りのする物質(砂糖など)

 

ゴキブリは視力が弱く、主に嗅覚に頼ってこれらのエサを探します。

一度エサの場所を見つけると、何度もその場所に戻ってくるため、注意が必要です。

 

ゴキブリの侵入防止措置

 

ゴキブリを一度駆除した後、再発防止のために対策を講じることが重要です。

そうしないと、いつの間にか増殖してしまう恐れがあります。

 

侵入経路の封鎖

 

ゴキブリが家に侵入するのを防ぐためには、以下の措置を講じることが効果的です。

  • 玄関や窓を開けっ放しにしない
  • サッシの隙間に隙間テープを貼る
  • コーキング剤で隙間を埋める
  • 換気扇やエアコンのドレンホースにフィルターを取り付ける
  • 排水口の隙間をパテで塞ぐ

 

これらの措置をしっかりと行うことで、ゴキブリの侵入を防ぐことができます。

 

フィルターは破れにくい厚手のものを選び、隙間テープやパテは地元のホームセンターで簡単に手に入れることができます。

 

ゴキブリ忌避策

 

ゴキブリが潜んでいる可能性がある場所や通路に忌避効果があるスプレーを使用すると良いでしょう。

製品例:
「ナチュラス 天然ハーブのゴキブリよけ」
「コックローチ ゴキブリがいなくなるスプレーM」

 

これらのスプレータイプやプラグインタイプの製品、また天然ハッカ油を使用することで、ゴキブリの侵入を防ぐことが可能です。

市販の既に希釈されたハッカ油スプレーは手軽に使う事が出来ますよ。

 

これらの製品には虫除け効果だけでなく、消臭や抗菌効果もあり、キッチンや車内、玄関などさまざまな場所で活用できます。

 

環境整備でゴキブリ予防

 

ゴキブリ対策として、家を常に清潔に保つことが重要です。

 

ゴキブリが住みづらい環境を維持するために、以下の措置をお勧めします:

  • 食べ物の匂いが残ったものは速やかに片付ける。
  • 家具や家電製品は適度な間隔を保って配置する。
  • 使用後の段ボールはすぐに処分する。
  • 室内の風通しを常に良く保つ。
  • 隠れ場所になり得るものは置かない。
  • 定期的に家の掃除を行う。

 

これらの措置を実施することで、ゴキブリが生息しにくい環境を作り出すことができます。

 

【総まとめ】ゴキブリの確認、駆除、そして予防まで!

 

まずは、自宅にゴキブリが潜んでいるかどうかを確認してみましょう。

 

ゴキブリの存在を確かめる方法

  • トラップの設置
  • 監視カメラの利用

 

ゴキブリが見つかれば、すぐに対応して駆除することが必要です。

放置すればゴキブリは増え続ける可能性があります。

 

ゴキブリの駆除方法

  • 殺虫剤の使用
  • 誘引駆除剤の配置
  • 専門業者への依頼

 

ゴキブリを退治した後は、再発防止のための措置を講じることが大切です。

ゴキブリがいない場合でも、予防措置を怠らないことが重要です。

 

ゴキブリを寄せ付けない対策

  • 侵入経路を封鎖する
  • 忌避剤を使用する
  • 食べ物の匂いが残るものを放置しない
  • 家具や家電を適切に配置して隙間を少なくする
  • 使用後の段ボールをすぐに処分する
  • 室内の風通しを常に良く保つ
  • 隠れ場所になりそうな物を撤去する
  • 定期的に清掃する

 

これらの対策を実行することで、ゴキブリが住みにくい環境を作り出し、清潔で快適な住空間を維持できます。

 

部屋を常に綺麗に保つことは、最も効果的なゴキブリ予防法です。

さあ、清潔な部屋で安心した生活を送りましょう。

 

crazynaka

crazynaka です。 電機メーカーに勤務しているサラリーマンです。 人付き合いが不得意ながら営業職として働いています。 食べ歩きが趣味で、出張に行ってはそこで美味しいモノを食べるのが楽しみです。 運動もせず食べ歩きしていたため激太りしてしまい、そのあと体重を絞るのに苦労しました。 昔はアウトドア派でしたが、完全にインドア人間になっており、ネットサーフィンが趣味になって来ました。 ネットで見つけた情報を発信して行きます。