crazynakaが気になる情報を発信します

サボることだけを徹底的に極めてしまった!究極の放置ビジネスメルマガ

【驚愕!】藤井聡太二冠は棋聖戦を最年少初防衛!!最年少九段決定!!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
crazynaka です。 電機メーカーに勤務しているサラリーマンです。 人付き合いが不得意ながら営業職として働いています。 食べ歩きが趣味で、出張に行ってはそこで美味しいモノを食べるのが楽しみです。 運動もせず食べ歩きしていたため激太りしてしまい、そのあと体重を絞るのに苦労しました。 昔はアウトドア派でしたが、完全にインドア人間になっており、ネットサーフィンが趣味になって来ました。 ネットで見つけた情報を発信して行きます。
詳しいプロフィールはこちら

藤井聡太二冠(棋聖戦、王位戦)が7月3日

棋聖戦で渡辺名人を破り、タイトルを防衛

しましたね。

 

14歳でデビューした藤井聡太二冠が

18歳11ヶ月という最年少で初防衛となり、

タイトルの獲得が3期目ということで

見事九段に昇段となりました。

 

棋士としてデビュー以来、常に史上最年少で

記録を更新し、話題にのぼる藤井聡太さんですが、

今回はあらためて藤井さんの紹介とエピソードを交えて

どんな人なのか、そして最年少記録の数々を

ご紹介します。

 

藤井聡太さんは最年少でプロデビュー!!

藤井聡太さんは最年少でプロデビュー!!

まずは藤井聡太さんのプロフィールを

ご紹介します。

 

氏名:藤井聡太

生年月日:2002年7月19日

出身地:愛知県瀬戸市

プロデビュー:2016年12月24日第30期竜王戦

趣味:テンパズル、読書、鉄道

好きな食べ物:ラーメン、味噌煮込みうどん

 

5歳の時に祖母から教えてもらった将棋が

楽しくてルールを覚えるようになった

藤井さん。祖父とも将棋をしているうちに

いつも勝てるようになり、地元の将棋教室に

通うようになりました。

 

入会すると『駒落ち定跡』という分厚い将棋の

本をまだ5歳だというのに読み続け、1年後には

完全に理解していたといいます。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/藤井聡太

 

5歳にして将棋への興味と集中力と、ただならぬ

才能の持ち主であることを感じさせますね。

 

 

2011年小学3年生ですでに倉敷王将戦という

将棋大会で優勝し、4年生で将棋連盟主催の

新進棋士奨励会に入会しています。

入会時は6級でしたが、2年後には史上最年少で

二段にまで昇段しました。

 

奨励会で四段になるとプロとしてデビューできるの

ですが、何と中学2年生の14歳2ヶ月四段

なり、プロ入りを決めました。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/藤井聡太

 

 

今は引退している加藤一二三さん

14歳7ヶ月で四段になっている記録を

62年ぶりに更新したのが藤井聡太さんという

ことになります。

 

2016年の12月24 日に行った竜王戦

加藤一二三さんとの対局がプロデビュー戦

なり、110手で加藤さんに勝利しました。

その後なんと29連勝もしていて、これも

デビューからの最多連続記録となります。

 

 

当時のことを加藤一二三さんはこう話されています。

 

『実際に戦ってみて、彼がかなり将棋の勉強を

しているということを感じました。そこで、

私は藤井さんについて、今は天才に近い秀才。

20歳で八段になっていれば、天才と呼びたいが、

どこかで伸び悩んで六段あたりにいれば

普通の人。』

 

そしてその後連勝するわけですが、連勝がストップ

した時加藤さんはツイッターで藤井さんにメッセージを

送ったそうです。

 

『人生も将棋も、勝負は常に負けた地点から始まる』

引用:https://fujinkoron.jp/articles/-/2427?page=2

 

 

20歳で八段どころか18歳11ヶ月で九段でしたね。

プロが認める天才ということですね。

 

将棋の世界は10代から加藤さんのように62歳も上の

大先輩が同じ土俵で戦えるわけですが、あるときは

ライバルでもあり、あるときは人生の師匠でも

ありますね。

素晴らしい世界です!

 

 

その後も 2018年には七段まで昇段し、

2020年にはタイトルを2期獲得して八段に、

そして先日タイトル3期獲得九段に昇段

までなっています。

 

藤井聡太さんはどんな人?

藤井聡太さんはどんな人?

小学校の4年生の思い・・名人をこす

 

藤井聡太少年は4年生の時の文集で将来の夢として

名人をこすと大きな字で書いています。

文集を引用欄に載せていますのでご覧ください。

 

読書が好きなことも有名なのですが、4年生にしては

ずいぶん難しい本を読んでいるのですね。

最近関心がある出来事も小学生としては驚くほど、

国際情勢や世の中の動きに興味があるんですね。

 

名人をこすはダントツ大きな字で書かれていて

藤井さんの当時からの気持ちの強さも感じますね。

 

引用:https://hon-hikidashi.jp/enjoy/34300/

 

 

こちらは書籍にもなって販売されています。

 

『藤井聡太名人をこす少年』

 

藤井聡太 名人をこす少年 

 

 

 

集中力がありすぎてドブに落ちる!?電柱にぶつかるって!?

 

小学生の時も将棋は大好きで負けると涙が

溢れて出てくる藤井さんの話は有名ですね。

 

負けん気が相当なものだということが

伺えますが、集中力もすごいものです。

 

将棋のことを考えていて何度かドブに落ちて

います。また電柱にもぶつかっています。

学校にランドセルを忘れたこともあります。

ちょっとマンガのような光景ですが、本当に

あった話です。

 

 

また将棋の時間をいかに増やすかを考えると

他のことを効率的にやりたい派のようで、

授業内容を理解しているのに、なぜ宿題を

やらないといけないのか・・・と先生に

反論したり、どうして5分でわかる授業内容を

45分もかけて教えるんだろう?授業がつまらないと

お母さんに話したことがあるようです。

引用:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/07/16/kiji/20200716s00041000442000c.html

 

幼い頃から集中することが日常的だったので、

将棋以外は集中して時間を短縮していたんですね。

 

 

頭の体力が半端ない!

 

藤井さんに対して谷川浩司棋士がエピソードを

語っています。

2020年順位戦B級2組で対局した時に

49手目で新しい展開に入ったそうです。

 

50手目で藤井さんが104分の長考、

51手目で谷川さんの86分の長考となり、

夕食休憩が入りましたが、これだけ頭を

使って考え、普通ならば頭を休めたいと

思うところ、再開15分前に盤の前で考えて

いる藤井さんの姿が・・・。

 

その時に谷川さんは藤井さんのことを

将棋がとてつもなく好きで、その将棋好きが

突出していてそのまま考えることが好き

ということに直結している。

ケた外れの頭の体力があって疲れないのだろうと

思ったそうです。

引用:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/83206?page=2

 

藤井聡太二冠の最年少記録はすごい!!

藤井聡太二冠の最年少記録はすごい!!

 

最後に藤井聡太二冠の記録をご紹介します。

藤井聡太二冠の最年少記録は現在でも15もあります。

 

・九段昇段:18歳11ヶ月(2位は渡辺明21歳7ヶ月)

・初防衛達成:18歳11ヶ月(2位は屋敷伸之19歳)

・200勝達成:18歳4ヶ月(2位は羽生善治19歳1ヶ月)

・二冠達成:18歳1ヶ月(2位は羽生善治21歳11ヶ月)

・八段昇段:18歳1ヶ月(2位は加藤一二三18歳3ヶ月)

・初タイトル獲得:17歳11ヶ月(2位は屋敷伸之18歳6ヶ月)

・初タイトル挑戦:17歳10ヶ月20日(2位は屋敷伸之17歳10ヶ月24日)

・100勝達成:16歳4ヶ月(2位は羽生善治17歳6ヶ月)

・七段昇段:15歳9ヶ月(2位は加藤一二三17歳3ヶ月)

・全棋士参加棋戦優勝:15歳6ヶ月(2位は加藤一二三17歳)

・一般棋戦優勝:15歳6ヶ月(2位は加藤一二三17歳)

・六段昇段:15歳6ヶ月(2位は加藤一二三16歳3ヶ月)

・50勝達成:15歳4ヶ月(2位は羽生善治16歳6ヶ月)

・公式戦初勝利:14歳5ヶ月(2位は加藤一二三14歳10ヶ月)

・四段昇段:14歳2ヶ月(2位は加藤一二三14歳7ヶ月)

引用:https://shogi-sanpo.com/fujiisouta/record/

 

 

初タイトル挑戦して獲得したのは第91期棋聖戦

なのですが、1ヶ月でタイトル獲得したことに

驚かされます。

また7項目2位が加藤一二三さんなのですが、

加藤さんが最年少で獲得してから60年以上経って

藤井聡太二冠が打ち破ったことのすごさ、

そして加藤さんがずっとトップを飾っていたことの

素晴らしさもあらためてわかりました。

 

そしてメディアに注目されて、14歳でプロ棋士に

なってからというもの、常にカメラを向けられています。

 

14歳といえば中学生、そして多感な時期を迎え、

まだ20歳にもなっていないのに、常にカメラの前では

冷静に言葉も選びながら、大人の対応をしている

藤井聡太二冠です。

人間力が素晴らしいとしか言えません。

 

藤井聡太九段についてのまとめ

いかがでしたでしょうか。

藤井聡太さんの記録はニュース速報で流れる

たびに目にしていましたが、やはり負けず嫌い、

驚くほどの集中力、そして人間力の凄さが

為せる技なんですね。

 

自分は鉄道好きな藤井さんにも興味が湧きます。

 

トップクラスになると年間の対局数も多く、

70~80の対局とも聞きます。

どこかでストレス発散・・なんてことを自分の

ような小市民は考えてしまいますが、

根っから将棋好きで将棋のことを考えている時間が

大好きな藤井聡太さんにとっては余計なお世話かもですね。

 

すみません・・・汗。

 

これからも応援していきましょう!

 

<関連記事>

この記事を書いている人 - WRITER -
crazynaka です。 電機メーカーに勤務しているサラリーマンです。 人付き合いが不得意ながら営業職として働いています。 食べ歩きが趣味で、出張に行ってはそこで美味しいモノを食べるのが楽しみです。 運動もせず食べ歩きしていたため激太りしてしまい、そのあと体重を絞るのに苦労しました。 昔はアウトドア派でしたが、完全にインドア人間になっており、ネットサーフィンが趣味になって来ました。 ネットで見つけた情報を発信して行きます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© crazynakaの情報発信板 , 2021 All Rights Reserved.