crazynakaが気になる情報を発信します

サボることだけを徹底的に極めてしまった!究極の放置ビジネスメルマガ

【グランピング】身軽で行けて人気急上昇中! 仕事でも使えるグランピングの魅力を紹介!

crazynaka
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
crazynaka
crazynaka です。 電機メーカーに勤務しているサラリーマンです。 人付き合いが不得意ながら営業職として働いています。 食べ歩きが趣味で、出張に行ってはそこで美味しいモノを食べるのが楽しみです。 運動もせず食べ歩きしていたため激太りしてしまい、そのあと体重を絞るのに苦労しました。 昔はアウトドア派でしたが、完全にインドア人間になっており、ネットサーフィンが趣味になって来ました。 ネットで見つけた情報を発信して行きます。
詳しいプロフィールはこちら

5年ほど前からグランピングは日本各地に

増えていますが、行かれたことありますか?

身軽で行けて、キャンプに詳しくなくても

心配ご無用の新しい形のグランピング。

 

自然の中で家族や仲間と過ごす時間は

とても贅沢です。

グランピングはまだ未経験という人に

ご紹介したいと思います。

 

そして今やワーケーションも増えている時代。

仕事もデスクだけではない今だからこそ

利用したい!そんなグランピングもご紹介します。

 

まずは基本からスタートしましょう!

 

スポンサーリンク


グランピングってキャンプとどこが違う?

グランピングってキャンプとどこが違う?

グランピンググラマラス(Glamorous)

キャンピング(Camping)を合わせた造語です。

 

昔からあるキャンプと違って、テントや

道具など必要なく気楽にそして優雅に

楽しめる新しいキャンプのスタイルなどを

言います。

 

宿泊する施設はドーム型のテントや

大型のテント、トレーラーハウス、キャビン、

ヴィラなど様々です。

 

 

部屋にはベッドやソファー、エアコン

保冷庫などが完備されています。

 

食事は外にウッドデッキなどがあり、

食材も食器類も用意されて

バーベーキューなどを楽しめます。

朝食も用意されます。

 

そしてなんといってもテントに入ってくる

虫などの心配がありません。

 

グランピングも色々なタイプがありますが、

施設がホテル敷地内にある場合

朝食やバーや大浴場はホテルの施設を

使えたりもします。

 

ホテルの敷地内にない場合などは

チェックインやアウトの共有スペース棟

あり、トイレや入浴ができたり、

近くに温泉など入浴施設なども利用できたり

します。

 

場所によっては冷蔵庫や内風呂がついている

ところもあり、設備によっても値段が

違ってきます。

 

素泊まりの場合は、食材や飲み物を

持ち込みしてコンロなどは借りて自炊する

ところもあったり、ホテルのレストラン

利用したり、バーベキューなどを別料金で

利用もできます。

 

形は色々ですが、とにかく荷物が少なくて

身軽な上に、気持ちよく過ごせるので

とても快適です。

 

スポンサーリンク


タイプの違うグランピング施設を3つご紹介!

タイプの違うグランピング施設を3つご紹介!

では次に全くタイプの違うグランピング施設を

3ヶ所ご紹介しましょう。

 

ホテルの広大な敷地内にあるグランピング、

山に一軒だけしかない1日1組のグランピング、

仕事でも利用できるグランピングの3つです。

 

・Sport & Do Resort リソルの森(千葉)

・WOODLAND BOTHY(東京)

・エトワ笠間(茨城)

 

 

Sport & Do Resort リソルの森はホテルの敷地にあるグランピング

 

Sport&Do Resortリソルの森千葉県にあり、

東京ドーム70個ほどに相当する敷地です。

そこにグランピング施設は4種類

タイプがあります。

 

・テントキャビン

2〜4名定員で7張あります。

一番ノーマルなタイプのテントです。

 

・テントキャビンプレミアム

2〜6名定員は1張あります。

ベッドルームとリビングルームが別々に

あり広いです。

 

・グランピングヴィラ

2名定員で4棟あります。

バスやトイレがついています。

 

・グランピングペットヴィラ

1棟貸し切り素泊まり8名までで

2棟あります。ペットもOKで、

オプションですが、ワンちゃんの食事も

付きます。

ドッグランもついていてペット用の

アメニティもあるようです。

こちらは素泊まりなので、食事はバーベキュー

など別に予約が必要ですね。

 

他の3つのタイプは食事付きなので、

どの部屋にも備えつきのウッドデッキで

バーベキューを堪能できますよ。

朝はモーニングBOXが用意されます。

 

ホテル棟には露店風呂付きの温泉もあり

そちらも利用できます。

 

実はこのリソルの森はその名の通り、

森の中に16階建てのホテル棟があります。

森がおおっているような風景の中、

グランピング以外にも8人まで泊まれる

ログコッテージやキッチンのついた

長期滞在向きのグランテラスなども

あって色々な使い方でできそうです!

 

リソルの森

住所:千葉県長生郡長柄町上野486-4

Tel:0475-35-3333

アクセス:

[車の場合]

東京・川崎方面より

浮島JCT

⇩アクアライン17分

木更津JCT圏央道5分

⇩圏央道5分

木更津東IC

⇩圏央道で27分

茂原長柄スマートIC

⇩一般道で5分

『リソルの森』着

 

[電車の場合]

東京駅

⇩JR京葉線特急30分

蘇我駅

⇩JR外房線8分

誉田駅駅南口下車

⇩無料送迎バスで20分

『リソルの森』着

引用:https://www.resolglamping-chiba.com

 

 

WOODLAND BOTHYは1日1組限定のグランピング!

 

東京あきる野市の山の中を歩くこと30分。

自然の中で1日に1組だけが過ごせるという

グランピングがあります。

 

WOODLAND BOTHY

(ウッドランドボシー)と言います。

 

大きなテントにリビングとベッド、そして

トイレやシャワーも併設しています。

別の棟に貸切風呂があります。

こちらのグランピングは2~4名の定員で

この日の宿泊客のためだけに秋川牛と

地元の野菜などのグリル料理が

用意されます。

 

なんかとても贅沢な時間を静かな

自然の中で過ごせて最高ですね。

 

こちらは山の中にあり、20~30分ほど

登ります。

ハイキングのイメージではなく、

山道の登山をイメージしてください

とのことです。

 

夏場でも気温の差を考え、暖かい格好を

準備して、靴も滑りにくいシューズで行くのが

良いですね。

なんだかワクワクしてきますね。

東京なのに、非日常を味わえそうです!

 

WOODLANDBOTHY

住所:東京都あきる野市養沢684

Tel:042-596-6645

アクセス:

[電車の場合]

新宿から

⇩中央線特急で20分

立川駅

⇩青梅線各停で33分

武蔵五日市駅

⇩バス一番のりば(上養沢行き)

神谷バス停下車

[車の場合 ]

新宿

⇩首都高4号線・中央自動車道八王子JCT・首都圏中央連絡自動車道

あきる野IC

武蔵五日市駅より20分

⇩(東京都あきる野市養沢737をナビにセット)

駐車場(山道入口付近)

引用:http://woodlandbothy.jp

 

 

エトワ笠間はアウトドア会議でも使えるグランピング!

 

茨城県の笠間市にあるエトワ笠間

プライベートはもちろんですが

仕事で使えるグランピングです。

いつもオフィスで顔を突き合わせて

いるだけが会議ではありません!

もっとリラックスしながら、

自然の中で打ち合わせしてもいいじゃない!

ということでご紹介します。

 

打ち合わせスペースは次の通りです。

・ロッジ型スペース:3〜10名向き

・集中テント型スペース:3〜8名向き

・ラックステント型スペース:3〜8名向き

 

いつもとは違ったところで、会議の後は

仲間でバーベキューもいいもんですよね。

 

その他にも1人用ワークスペース

自然の中で仕事ができるアウトドアバー

スペースや空の下でのミーティングが

できるテラススペースもあるようです。

 

施設ではwifiはもちろんのことプリンター、

スクリーン、プロジェクター、モニター、

ホワイトボード、複合機、シュレッダー

なども使えます。

 

日帰りプランの他、1泊2日の朝の

チェックアウトと夕方チェックアウトの

プランがあります。

 

宿泊する場合もキャビンやテントなど

様々なタイプがありますので、

仕事とはいえちょっとした旅行気分が

味わえますね。

 

ETOWA

住所:茨城県笠間市上郷2775-7

Tel:0299-56-7075

アクセス:

[電車の場合]

上野駅

⇩特急ときわ55分

石岡駅

⇩JR常磐線8分

岩間駅

⇩タクシーで11分

ETOWA着

 

[車の場合]

東京方面から

箱崎JCT

⇩首都高・常磐自動車道70分

岩間IC

⇩一般道で13分

ETOWA着

引用:https://www.cigr.co.jp/outwork/

 

グランピングについてのまとめ

 

グランピングについてのまとめ

いかがでしたでしょうか。

今、グランピングと検索すると

日本全国あちらこちらにあります。

 

キャンプはやりたいけど、道具が・・・と

ちょっと面倒に思っている人も道具なしで、

身軽に行けるのが良いところです。

 

家族でも友人でも仕事仲間でも

利用できます。

ペットと共にいう人にも利用できるところが

増えていますので、ぜひ、探してみて

くださいね。

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
crazynaka
crazynaka です。 電機メーカーに勤務しているサラリーマンです。 人付き合いが不得意ながら営業職として働いています。 食べ歩きが趣味で、出張に行ってはそこで美味しいモノを食べるのが楽しみです。 運動もせず食べ歩きしていたため激太りしてしまい、そのあと体重を絞るのに苦労しました。 昔はアウトドア派でしたが、完全にインドア人間になっており、ネットサーフィンが趣味になって来ました。 ネットで見つけた情報を発信して行きます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© crazynakaの情報発信板 , 2021 All Rights Reserved.